ガンと筋トレと私 ~甲状腺癌 闘病記~

40歳♂ 癌の発見から日常生活の変化を書いてます。趣味の筋トレや釣り、子育てやお金の話など、同じ悩みの皆さんをちょっとだけ元気にします!

甲状舌管の治療

全てが70点! 総合病院と専門病院の比較

ようやく退院して、少し落ち着いてきました。 入院中に感じたことを記しておきたいと思います。 伊藤病院との比較 術前の説明 傷あとに対する配慮 量産型感 伊藤病院との比較 今回は病状も術式も異なりましたが、伊藤病院の時と同じく首を切る手術でした。 …

外来日 病理検査の結果

抜糸の日に病理検査の結果を聞きました。 気になっているのは、癌細胞があったのかどうかですが、果たしてどうだったんでしょうか? 検査結果 私なりの考え 今回の手術のメリットと今後 検査結果 検査の結果、摘出した甲状舌管から甲状腺の細胞は検出されま…

外来日 抜糸とその後のケア

退院したものの、あっという間に抜糸の日です。 外来に並んで抜糸の処置をしてもらいます。 抜糸処置 手術後のケア方法 傷跡ケアのおさらい 日焼け対策 保湿 保護材 見た目対策 抜糸処置 縦横で貼ってもらったサージットを剥がしてもらいます。 剥離剤を使い…

筋肉にまつわる話 階段を昇ってて分かったこと

入院中の懸念は筋力不足です。 最近はウエイトトレーニングよりも、ランニングを熱心にやっており、体重も2~3キロ落ちました。 筋肉もつけたいところですが、走って満足しておりました。 そんな状態ですから、入院中の体力の衰えがとても気になるところ。 ま…

入院編 7日目 あっさり退院と入院費用

ようやく退院できます♪ 4回目の入院ともなると、心身共に準備万端なので、病院との距離感や入院中の過ごし方も慣れたもんでした。 病人としてのわびさびが身に付いたって感じでしょうか。 そんな入院生活も最終日を迎えました。 診察 お会計 退院後のお楽し…

入院編 6日目 術式変更!

手術をしたのは金曜日。 執刀医の先生とはその日から会ってません。 火曜日になってようやく再開となりました。 傷口の処置 術式の説明 抜糸 傷口の処置 「久しぶりですね。大丈夫でした?」 「はい、大丈夫です。順調に治っていると思います。」 そして、傷…

入院編 5日目 Freedom from tube

入院中は良く寝れていません。 2~3時間寝たと思うと直ぐに目が覚めてしまいます。 身体がそこまで疲れていないのも理由にありますが 4人部屋の騒音、看護師の見回り そして・・・ 身体中についているチューブがありました。 ようやくそれらとおさらばできそ…

入院編 4日目 やたら静かな日曜日

入院4日目は日曜日です。 土曜日に退院する患者さんが結構いるようで、私の入院している4人部屋もとなりのおじいちゃんを残して二人きりとなりました。 院内も静か、かつ皆さん暇そうで、ラウンジに集まって外の景色を眺めています。 いよいよ腫れだした首元…

入院編 3日目 炭水化物フェア

眠れない初夜を過ごしましたが、傷口は順調に経過しているようで ようやくおじいちゃんとのタコ部屋を離脱できました。 朝方6:00頃におもむろに「ムイ~~~」と音がしたかと思うと 「ジョリジョリジョリ」と髭を剃りだす始末・・・。 じいちゃん、お元気で…

入院編 2日目 病院はホテルじゃない

手術当日です。 予定どおりにスケジュールをこなして、いざ手術です。 着替をして、オペ用のストッキングを履いて準備万端です。 手術室 術後の状態 苦痛は傷だけではない 手術室 看護師さんに連れられてトコトコ手術室へ向かいます。 私の病室の方々はやた…

入院編 1日目 入院を厳密に管理してみた

8:30の入院予定でした。 抗原検査をしてから入院手続きの予定だったのですが、前日に病院から電話があり 「予定が狂いまして、ベッドが空かなそうなんです。申し訳ないですが11:00に病院に来てください。」 入退院のコントロールも大変なようです。 バタバタ…

入院編 0日目 入院準備と眠れない夜

たかだか1週間の入院 されど1週間の入院です。 お見舞い禁止なので、しっかりと準備の上入院に備えます。 パジャマ 本 通信機器 限度額適用認定証 寝れない夜 パジャマ 伊藤病院の時と同様に、レンタルで借ります。 入院のしおりを見たところ、360円/日に大…

「甲状舌管摘出術」癌闘病記その100

タイトルのとおり、今回の手術の正式名称は 「甲状舌管摘出術」となります。 自分がどんな手術を受けるのか、事前にまとめておきたいと思います。 手術説明書 正中頚膿疱 チラーヂン 手術説明書 手術時間は3時間を想定とのことですが、手術を受けている本人…

「手術前の自覚症状」癌闘病記その99

さてさて紆余曲折ありながら、結局は入院が決まりました。 手術をすることになったわけですが、結局今の自覚症状はどんなもんなのか?を確認しておきたいと思います。 傷口 首 声 傷口 以前は食事の後に唾液?らしきものが出て大変困っていた傷口です。 もし…

「甲状舌管low!」癌闘病記その98

前回の続きです。 首の病状の原因が分かったわけですが 正式には 「甲状舌管瘻(こうじょうぜっかんろう)」 とのことです。 こいつを取るのにいったいどのくらいのリスクがあるのか、先生に聞いてみました。 入院期間 他の病院の選択肢 病状は珍しいのか? …

「検査結果と病気判明」癌闘病記その97

忙しい仕事の合間を縫いながらMRIとCTを受けました。 検査 造影剤を入れながらの撮影なのですが、針を刺されることに何の抵抗もなくなってきました。 今は傷口からの漏出が結構あるので、こんな感じでばんそうこうを貼って普段過ごしています。 MRIの時には…

「再度総合病院へ受診」癌闘病記その96

だいぶ間が空いてしまいました。 それなりに仕事も忙しく、通院も多数繰り返しておりブログを書く余裕がありませんでした。 癌闘病ではありませんが、結果として癌手術の影響なので(今後分かります)癌闘病記として引き続き書いていきたいと思います。 前回…

「悪化する喉の腫れ」癌闘病記その95

入院が6月に決まったものの、今のままで病状が問題ないか心配です。 首の腫れが日によって、時間によって違ってきます。 朝起きた時は、かなりおとなしいのですが、夕食後にはかなり膨らみます。 腫れているので、皮膚も乾燥し、徐々に皮がむけてきています…

「入院手続きをしたけど不安が・・・」癌闘病記その94

さて、MRIの結果もなく、CTのよくわからない結果を持って外来にやってきました。 「向こうの先生の記載を読ませてもらいました。以前の手術がかなり難しかったんですかね?」 「難しかったかどうかは分かりませんが、一回ミスってました。」 www.hakaiou.inf…

「総合病院伊藤病院を行ったり来たり」癌闘病記その93

手術がほぼ確実になりましたが、もともと予定していた検査のために総合病院へ再度受診しに来ました。 予約済だったので待つことなくスムーズに診察出来ました。 「伊藤病院でエコーをとってもらった結果、膿疱が出来てると言われました。」 「こっちでのMRI…

「伊藤病院は甲状腺だけじゃなかった」癌闘病記その92

伊藤病院の定期通院の日が来ました。 電車で表参道まで30分ほどで来れるので、近いもんです。 マンボウが出ている割には、以前よりも電車の乗車率はかなり高めですね。 テレワークが出来る私はまだ恵まれているんでしょうか。 いつも通り伊藤病院の中に入る…

「喉の腫れの原因あらわる」癌闘病記その91

腫れの原因は何なのか? アレルギーか? 膿瘍か? リンパ漏なのか? 新たな癌なのか? 不安がよぎります。 というか、いったい何なのか?解明したい!と言うのが本音です。 出してもらった薬(炎症止め、抗生物質)を用法どおりに服用します。 すると・・・ 2…

「喉の腫れは何なのか?また癌か?」癌闘病記その90

喉の腫れがガンガン主張しています。 喉全体が腫れるので首が回りにくく、下を向きにくい状況です。 私自身は顔がデカいので、二重顎ではないはずなのですが、この腫れのせいでかなりブサイクな面になっているはずです。 生活面では支障はないのですが、やは…

プライバシーポリシーと免責事項
お問い合わせ