ガンと筋トレと私 ~甲状腺癌 闘病記~

40歳で甲状腺癌発覚。趣味の筋トレや釣り、子育てやお金の話など、病気を乗り越えたアラフォーの生活日記です!

「手術そして・・・手術」ガンの前哨戦その3

入院二日目、お昼からオペ予定。

動いて無いから殆どおなかも減らず、絶食もあんまり気にならなかったです。

 

午前中に診察やら麻酔の話やらを受けていざ手術のお時間!

妻が合流してくれて、手術室まで来てくれました。

 

手術室まで連れられてトコトコ歩き、台の上に寝てしばらくすると

何人かの先生が入ってきました。

注射されたりしているうちに、麻酔下の先生が早速眠らせようとして

「数えますね~、ゆっくり呼吸してくださ~い」

「ひと~つ」

「ふた~つ」

 

・・・・・

「手術終わりましたよ~」

 

「えー!」「これか!これが全身麻酔オペの醍醐味か!」

 

気付けば病棟の処置室にいました。喉の奥を手術したので会話はあまり出来ないかと思いましたが、それなりに話できました。

 

しかしとにかく

鼻が痛い!

 

鼻の奥にガーゼが詰まってて、それが眼圧を上げてるみたいで

眼も痛い!

頭も痛い!

鼻から挿管をしたのですが、どうやら通り道の狭い左の鼻から無理やり入れたようで、鼻血がドバドバ出てたみたいです。(何やってんの!)

 

痛いですが、これが落ち着けば退院できるから頑張ろう!

と思っていたその夕方、先生たちがぞろぞろとやってきました。

術後の確認だそうで、鼻からスコープを入れられました。

 

「(膿疱が)取れてるけど・・・、不十分だな」

「もう一回やった方が良いかもしれない」

 

「え?どゆこと?簡単に終わるはずじゃなかったの?」

 

結果として、膿疱が取り切れてなく、翌日にもう1回全身麻酔の手術を受ける事になりました( ;∀;)

また絶食で点滴継続〜


f:id:hakaiou20067:20200919223229j:image

 

さすがに頭にきて先生にクレームを入れました。

 

平謝りされましたが、また別日程でやる訳にもいかないので覚悟を決めました。

 

と併せて、甲状腺の手術に対する不安もどんどん増していくわけです。

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

今日も皆さんが元気でありますように♪

引き続き「ちょっとだけ元気になれるブログ」を続けていきますので今後もお付き合いください(⌒∇⌒)

プライバシーポリシーと免責事項
お問い合わせ